【2017年より少ない】2018年の花粉飛散予測

【2017年より少ない】2018年の花粉飛散予測

【2017年より少ない】2018年の花粉飛散予測

2018年 花粉飛散予測

花粉情報速報によると、2018年の花粉飛散量は、2017年と比較すると「並み」または「少ない」と予想されています。

 

花粉の飛散量は、前年の夏の天候と関係していることが分かってきています。

 

よく晴れて暑い夏ほど、花粉のもととなる雄花の育ちが良くなり、翌年の春の花粉飛散量も多くなると言われています。

 

 

 

【気温は低め】2017年夏の天候

晴れた天気をもってくる太平洋高気圧の本州近くへの張り出しが例年よりも強くなるため、梅雨明け後は晴れる日が多くなるようです。

 

7月の気温は例年並、8月は例年より高い予想ですが、2016年と比べると同程度か低くなると予測されています。

 

 

 

花粉飛散量を左右する「表年」と「裏年」

花粉飛散が多くなる年は「表年」、花粉飛散が少ない年は「裏年」と言いますが、2017年の花粉飛散は多くの地域で多かったため、表年でした。

 

そのため、2018年は裏年となり花粉飛散は「少ない」とのことです。

 

 

 

2018年、花粉飛散が多くなりそうな地域

2017年の夏、東海・西日本は晴れて暑くなりそうです。

 

2017年春は西ほど花粉飛散量が多かったこと、2018年は裏年傾向であることを考慮すると、花粉飛散量は2017年の80%前後と2割程少ない予想がされていますが、猛暑が続いた場合は、2017年より花粉飛散量は多くなる可能性があります。

 

地域 2017年と比較
北海道 並み〜やや少ない
東北・関東・北陸 並み〜やや少ない
東海・西日本 並み〜やや多い

 

花粉症の方は花粉飛散量が少ない年でも注意は必要です。

 

特に、東海・西日本地域にお住まいの方は、花粉飛散の3ヶ月ほど前から花粉症対策をしておきましょう。

 

 

 

以上、【2017年より少ない】2018年の花粉飛散予測についてご紹介しました。

 

【重要】花粉飛散時期とその種類」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【人気3品を厳選】花粉症を抑えるお茶ランキング!

和漢の森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。




北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶は「アレルギー性鼻炎」「花粉」そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい…」。


そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。




ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※上記ランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。


関連ページ

2017年の花粉飛散予測
2017年の花粉飛散予測について掲載しています。
2016年の花粉飛散予測
2016年の花粉飛散予測について掲載しています。
2015年の花粉飛散予測
2015年の花粉飛散予測について掲載しています。
2014年の花粉飛散予測
2014年の花粉飛散予測について掲載しています。