【例年より早い】2016年の花粉飛散予測

【例年より早い】2016年の花粉飛散予測

【例年より早い】2016年の花粉飛散予測

2016年 花粉飛散予測

さまざまな気象情報サイトで、2016年の花粉飛散予測が公開されはじめています。

 

春のスギ花粉は、西日本と東日本では例年より早いところが多く、北日本では例年並みの見込みとなっています。

 

2月上旬に九州から関東地方にかけて花粉のシーズンが始まるということです。

 

スギ・ヒノキ花粉の飛散数がピークになる時期は、

 

 

 

  • 福岡⇒2月下旬から3月上旬
  • 高松・広島・大阪・名古屋・東京⇒3月上旬から中旬
  • 金沢・仙台⇒3月中旬から下旬

 

 

 

このような予測がされています。

 

2月と3月の気温は全国的に平年並みか高いと予想されていますが、ピーク時期を早めるほどの気温ではないためスギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みということです。

 

 

 

2016年花粉の飛散量が多くなりそうな地域

2016年に花粉飛散が多くなりそうな地域は九州・四国・東海・関東甲信地方で、それ以外の地域は前シーズンまたはやや少ないとされています。

 

東北地方では花芽が多く形成される気象条件のそろうため、やや多いと見込まれていますがそれ以外の地域は例年と比べると少ないそうです。

 

花粉症の人にとっては「飛散量が少ない=楽に過ごせる」というわけでもなさそうなので、早めの対策はしておくべきでしょう。

 

地域 予測花粉飛散量(例年比) 2015年と比較
北海道 80% やや少ない
東北 80% やや少ない
関東・甲信 110% やや多い
北陸 80% やや少ない
東海 130% やや多い
近畿 70% やや少ない
中国 90% 前シーズン並み
四国 120% やや多い
九州 160% 多い

 

 

 

以上、【例年より早い】2016年の花粉飛散予測についてご紹介しました。

 

【重要】花粉飛散時期とその種類」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【人気3品を厳選】花粉症を抑えるお茶ランキング!

和漢の森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。




北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶は「アレルギー性鼻炎」「花粉」そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい…」。


そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。




ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※上記ランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。


関連ページ

2018年の花粉飛散予測
2018年の花粉飛散予測について掲載しています。
2017年の花粉飛散予測
2017年の花粉飛散予測について掲載しています。
2015年の花粉飛散予測
2015年の花粉飛散予測について掲載しています。
2014年の花粉飛散予測
2014年の花粉飛散予測について掲載しています。