【例年より早い】2015年の花粉飛散予測

【例年より早い】2015年の花粉飛散予測

【例年より早い】2015年の花粉飛散予測

2015年 花粉飛散予測

2015年の花粉飛散量は、例年に比べ、若干早く飛び始めるのではないかと予想されています。

 

特にスギ花粉は、飛散が早まる傾向にあり、2月に入りすぐ、九州や四国地方、東海地方はスギ花粉が飛散し始めるとされています。

 

3月中旬、15日当たりには、青森県でもスギ花粉が飛散するのではないかとされていますので、1ヶ月弱でほぼ日本全域で花粉の飛散が見られるようになるでしょう。

 

 

 

2015年花粉の飛散量が多くなりそうな地域

毎年の花粉飛散量は、前年の気象状況によって大きく変わります。

 

気温が高い、日照時間が多い、雨の少ない夏というのは翌年に舞う花粉の量が多くなります。

 

2014年、北陸と関東、東北地方では気温が高い日が多かったのですが、九州や四国地方においては、低温で日照時間も少なく、雨が多かったということもあり、2014年度と2015年度比較すると、東日本については、例年通りの量もしくはそれよりやや多く飛散するのではないかとされています。

 

西日本については、例年よりも花粉飛散量は少ないと予想されており、都道府県によって差が生じるようです。

 

表現として「やや多い」と持ちいりましたが、やや多いというのは、前年の花粉飛散量の110%以上150%未満を指します。
また、少ないというのは、前年の50%以上70%未満となっています。

 

お住まいの地域はもちろんですが、東北地方、関東甲信越地方にお出かけの際は特に、花粉飛散量などをチェックし、花粉症でお困りの方はマスクをする、目薬や薬を持ち歩くなどして、対策を講じるといいでしょう。

 

地域 予測花粉飛散量(例年比) 2014年と比較
北海道 130% 多い
東北 60% 少ない
関東・甲信 70% 非常に少ない
北陸 70% 非常に少ない
東海 100% 少ない
近畿 130% やや少ない
中国 80% 非常に少ない
四国 110% 少ない
九州 100% やや少ない

 

 

 

以上、【例年より早い】2015年の花粉飛散予測についてご紹介しました。

 

【重要】花粉飛散時期とその種類」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【人気3品を厳選】花粉症を抑えるお茶ランキング!

和漢の森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。




北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶は「アレルギー性鼻炎」「花粉」そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい…」。


そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。




ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※上記ランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。


関連ページ

2018年の花粉飛散予測
2018年の花粉飛散予測について掲載しています。
2017年の花粉飛散予測
2017年の花粉飛散予測について掲載しています。
2016年の花粉飛散予測
2016年の花粉飛散予測について掲載しています。
2014年の花粉飛散予測
2014年の花粉飛散予測について掲載しています。