年間の花粉飛散予測

年間の花粉飛散予測

年間の花粉飛散予測記事一覧

【2017年より少ない】2018年の花粉飛散予測

花粉情報速報によると、2018年の花粉飛散量は、2017年と比較すると「並み」または「少ない」と予想されています。花粉の飛散量は、前年の夏の天候と関係していることが分かってきています。よく晴れて暑い夏ほど、花粉のもととなる雄花の育ちが良くなり、翌年の春の花粉飛散量も多くなると言われています。【気温は...

≫続きを読む

 

【2016年の11倍】2017年の花粉飛散予測

日本気象協会で2017年春の花粉飛散予測第3報が発表されました。東京都では昨年と比べて11日早い花粉シーズン到来となり、1月30日〜31日、全国に先駆け関東・九州の1都6県が花粉シーズンに突入となっています。全国的に花粉飛散量が少なかった2016年でしたが2017年は去年と比べると、全国平均4.4倍...

≫続きを読む

 

【例年より早い】2016年の花粉飛散予測

さまざまな気象情報サイトで、2016年の花粉飛散予測が公開されはじめています。春のスギ花粉は、西日本と東日本では例年より早いところが多く、北日本では例年並みの見込みとなっています。2月上旬に九州から関東地方にかけて花粉のシーズンが始まるということです。スギ・ヒノキ花粉の飛散数がピークになる時期は、福...

≫続きを読む

 

【例年より早い】2015年の花粉飛散予測

2015年の花粉飛散量は、例年に比べ、若干早く飛び始めるのではないかと予想されています。特にスギ花粉は、飛散が早まる傾向にあり、2月に入りすぐ、九州や四国地方、東海地方はスギ花粉が飛散し始めるとされています。3月中旬、15日当たりには、青森県でもスギ花粉が飛散するのではないかとされていますので、1ヶ...

≫続きを読む

 

【2013年より少ない】2014年の花粉飛散予測

花粉症の方であれば、毎年春が近づいてくるとその年の花粉飛散量が気になります。2014年はとても辛かった2013年と比較すると、少しは楽になるのではないかという予測が出ています。花粉の飛散量は一年おきに、多い年と少ない年を繰り返しています。今年は昨年よりも少なくなる見込みです。ただ、少ないといっても花...

≫続きを読む