【12月・1月・2月】冬の花粉症対策

【12月・1月・2月】冬の花粉症対策

【12月・1月・2月】冬の花粉症対策

冬 花粉症対策

一年の中でも、一番花粉の飛散量が少ないのが12月、1月、2月の冬場です。

 

花粉症の方でも、比較的穏やかに過ごせる時期と言えるでしょう。

 

 

 

冬に気をつけたい花粉植物

樹木や植物も眠る冬は、花粉の量が少ない特徴を持ちながらも、地域によっては早いところで2月に入った途端、花粉が飛散することもあります。

 

これは前年の夏の気候がかなり左右してきますので、毎年同じ状況が起こるとは限りません。

 

2月に飛散し始める花粉はスギです。

 

 

 

冬に花粉が多い地域

九州地域が最も早くスギ花粉が飛ぶとされており、福岡、長崎、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島では、2月になるとスギ花粉が毎年飛散し始めています。

 

日本の冬の寒さは尋常ではない地域も多く、最低気温がマイナス10度以下になるところもたくさんあります。

 

この時期には暖を求め、温暖な地域への旅行者が多くなる傾向にあります。
スギ花粉は特にアレルギーを持っている人が多いので、十分気をつけなければいけません。

 

 

 

こんな場所に要注意

スギの木が生えている山地にはなるべく出かけない、風の強い日は外に出ないなど考慮しましょう。

 

 

 

冬の花粉症で気をつけておきたいこと

この時期は寒さのあまり体調を崩してしまうことも少なくありません。

 

ですので、花粉症と体調不良を混同してしまうこともあります。

 

ちょっと鼻水が出ているだけと油断していると、副鼻腔炎を引き起こしてしまうケースもみられますので、水のように垂れてくるような鼻水が出てくる時は留意し、早めの対処が大切になります。

 

季節問わず、通年を通してマスクをして花粉を口腔内に入れないようにすることが大切です。

 

また、冬場はインフルエンザや胃腸炎などの病気がまん延する時期でもありますので、マスクをすることで体調不良を引き起こす可能性も軽減することができます。

 

手洗いとうがいをしっかりと行いましょう。

 

 

 

こんな対策がオススメ!

なかなか症状が治まらない時は、かかりつけ医に相談をすること、医師に処方された薬を飲んでも症状が緩和しない時は、アレルギーなどの検査を行うことをお勧めします。

 

春先に病院に出かけるよりも、冬の間に受診し、適切な治療を受けることにより、春になりたくさん飛散する花粉の影響を最小限に抑えられます。

 

そして、野菜をしっかりと食べ、食事のバランスにも気をつけることがこの時期は大切になります。

 

マスクやサングラスの着用など、基本となる対策のこまめな積み重ねと、生活習慣をこの時期に整えておくことで、翌年の症状の度合いも変わってきます。

 

冬だからこそ、体の内側から体質を変えるつもりで日常を過ごすようにすることが、この時期一番オススメの花粉症対策となります。

 

 

 

以上、【12月・1月・2月】冬の花粉症対策についてご紹介しました。

 

【3月・4月・5月】春の花粉症対策」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【人気3品を厳選】花粉症を抑えるお茶ランキング!

和漢の森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。




北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶は「アレルギー性鼻炎」「花粉」そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい…」。


そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。




ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※上記ランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。


関連ページ

春の花粉症
春の3月・4月・5月の花粉症対策について掲載しています。
夏の花粉症
夏の6月・7月・8月の花粉症対策について掲載しています。
秋の花粉症
秋の9月・10月・11月の花粉症対策について掲載しています。
1月の花粉症
1月、冬の花粉症の原因・対策について掲載しています。
2月の花粉症
2月、冬の花粉症の原因・対策について掲載しています。
3月の花粉症
3月、春の花粉症の原因・対策について掲載しています。
4月の花粉症
4月、春の花粉症の原因・対策について掲載しています。
5月の花粉症
5月、春の花粉症の原因・対策について掲載しています。
6月の花粉症
6月、夏の花粉症の原因・対策について掲載しています。
7月の花粉症
7月、夏の花粉症の原因・対策について掲載しています。
8月の花粉症
8月、夏の花粉症の原因・対策について掲載しています。
9月の花粉症
9月、秋の花粉症の原因・対策について掲載しています。
10月の花粉症
10月、秋の花粉症の原因・対策について掲載しています。
11月の花粉症
11月、秋の花粉症の原因・対策について掲載しています。
12月の花粉症
12月、冬の花粉症の原因・対策について掲載しています。