花粉症を抑える甜茶の副作用

花粉症を抑える甜茶の副作用

花粉症を抑える甜茶の副作用

花粉症 甜茶 副作用

ヒスタミンの過剰分泌が花粉症やアレルギー反応を引き起こします。

 

「GODポリフェノール」と言う成分は、ヒスタミンの過剰分泌を抑える働きをするので花粉症などの鼻アレルギー、くしゃみ、目のかゆみに有効とされ、抗ヒスタミン・抗炎症作用があると言われています。

 

 

 

副作用の心配がなくヒスタミンの過剰分泌を抑える

東京農林水産消費技術センターでは、GODポリフェノールの含有量を調べたところバラ科の甜茶に多く含まれていることが分かりました。

 

抗アレルギー薬には眠気の強くでるものや併用をさけたい物、長く使わないと効果の出ないものなどがあります。

 

しかし、甜茶には副作用がありません。

 

甜茶は中国で5000年も飲み続けられて来た健康茶で、紅茶に砂糖を入れたような風味です。

 

 

 

子供・妊婦・高齢者への安全性

お茶は全てがそうですが、甜茶も薬ではありませんから、1年中飲んでも何も害はありません。
毎日、継続して飲んでも副作用の心配も無く、安全性の高いお茶と言えます。

 

妊娠中、出産後授乳中に常用しても問題はないと考えられます。

 

甜茶はカフェインが含まれていないので、就寝前に飲んでも寝つきが悪くなる心配もなく、副作用の報告も特にないので、小さな子供・妊婦さん・高齢者まで幅広い年代で飲用できるのが人気のポイントでもあります。

 

 

 

以上、花粉症を抑える甜茶の副作用についてご紹介しました。

 

次に、「甜茶で花粉症を抑える効果的な飲み方」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【人気3品を厳選】花粉症を抑えるお茶ランキング!

和漢の森「白井田七。茶」

日本で1番最初に有機JAS認証を取得した「100%オーガニック」の緑茶。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合。


緑茶の抗ヒスタミン作用だけでなく、田七人参の免疫力向上との相乗効果が、花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎を抑える、止める作用もあるとされ、非常に期待できるお茶。


粉末タイプなので、有効成分を余すことなく吸収できる。


TV・ラジオ・新聞だけでなく、有名グルメ漫画「美味しんぼ101巻」でも紹介されたりと、数多くのメディアが注目する完全無農薬・有機栽培のお茶。




北の快適工房「えぞ式すーすー茶」

1杯の飲むだけで、たった30分で効果を実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶が「えぞ式すーすー茶」。


えぞ式すーすー茶は「アレルギー性鼻炎」「花粉」そして「鼻水が止まらなくて困ってる」「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい…」。


そんなお悩みを、薬を服用した時のような眠気を引き起こさずに解消できる、ノンカフェインのお茶となっています。




ティーライフ「プレミアムルイボスティー」

強力な「スーパーオキシド消去活性」により、花粉症だけでなく、お肌のために愛用している方も多い「プレミアムルイボスティー」。


ティーライフのルイボスティーは他社のお茶よりも飲みやすく、美味しいことが特徴の一つ。
ゼロカロリー・ノンカフェインということで、妊婦さんの愛用者も多くみられます。


ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・マグネシウムなどの栄養素も、無理なく摂取できます。



※上記ランキングは、当サイトからの年間販売数、運営スタッフの試飲による実体験のデータに基づき、総合判断の結果を反映させています。


関連ページ

効果
甜茶の花粉症を抑える効果について掲載しています。
飲み方
甜茶で花粉症を抑える効果的な飲み方について掲載しています。